収入証明書不要のキャッシングの収入証明書とは

収入証明書とはなんですか?

カードローンを申し込むときには、身分証明書などの書類を提出しなければなりません。
必要書類の中に、収入証明書がある場合があります。
身分証明書は本当に申込人が本人かどうか調べるために必要なものだとわかるのですが、収入証明書はどうして必要になるのでしょうか。
基本的にどのカード会社もある一定の金額以上の高額融資の際に必要になります。
ある一定の金額はカード会社によって異なります。
最近は100万円以内の融資でも収入証明書不要でキャッシングができる会社も多くなってきていますが、50万円以上の融資の際に提出するカード会社が多いようです。
高額の融資は貸す側のリスクも高いですし、近年は総量規制の問題もあることから提出を義務付けているというわけです。
収入証明書とは、現在の自分の収入を証明できるものになります。
カード会社は年収を重視するので、年収を確認できる源泉徴収書や住民税課税決定通知書などを提出するのが一番わかりやすいです。
中には、これらの書類を持ち出すのが困難という方もいらっしゃいます。

 

そういった場合は、給料明細を何ヶ月分かまとめて提出することで大丈夫なところもありますので、申し込んでいるカード会社に確認する必要があります。
源泉徴収書や住民税課税決定通知書は公的な書類になるので、偽造などはしにくいのですが、給料明細は偽造がしやすいという難点があります。
ですから給料明細に、会社の社判や会社から正式に発行されたと分かるような印がなければ受理されないというケースもあるので注意が必要です。
自営で源泉徴収書や住民税課税決定通知書、給料明細などを持ち合わせていないという方は、確定申告書やそのほかのもので対応することもありますので、こちらもカード会社に確認をする必要があります。
どんな形であれ、高額の融資の際は収入証明書を提出しなければならないケースがほとんどです。
ご自分が希望する融資金額が大きい場合は、前もって収入証明書を手元に揃えておくとよいでしょう。

 

業者によって収入証明書が必要な借入希望額が違う?!
>>収入証明の必要な借入金額一覧・安心業者比較はコチラ