収入証明書不要のキャッシングの必要な書類は

収入証明書以外に必要な書類はある?

本人確認運転免許証イメージ画像

急な入用で50万円以上の高額の融資を希望する場合には、キャッシングの申し込みに必要な書類のなかに収入証明書が含まれるケースが多いです。
収入証明書とは、収入が確認できる公の機関が発行したものを指します。
源泉徴収書や住民税課税決定通知書などがそれに当たります。
それらの持ち出しが困難な場合は、給料明細の直近何ヶ月分かを提出することで大丈夫なところもありますので、申し込むカード会社に確認してみてください。
最近は銀行系列のカード会社ですと、100万円以下までは収入証明書不要でキャッシングできるというところも多くなってきていますので、調べてみるとよいでしょう。
提出書類はできる限り少ないほうが、申し込む側の負担は少なくて済みますのでこういったサービスは大変ありがたいものです。
しかし収入証明書の提出不要で融資をするのは、融資する側にとってはリスクの高いものになりますので、審査もより厳格にならざるを得ません。
ですから希望すれば必ずキャッシングできるというわけではないので、できる限り収入証明書を用意することが望ましいです。
ただ、基本的には50万円以下の借入には収入証明書は不要と考えていて問題ありません。

 

そのほか収入証明書以外の提出書類で必ず必要なのが、身分証明書です。申込人が本人かどうか確認するのに必要な書類なので、どのカード会社でも必ず提出する必要があります。
顔写真が付いているものが望ましいので、免許証は一番よい身分証明書になります。
免許証を持っていないという場合は、保険証やパスポート、外国人の方は外国人登録証明書などの提出が必要です。
いずれも有効期限内のものに限りますので、提出する前に確認しておくとよいでしょう。
これらの身分証明書に記載されている住所と実際に住んでいる住所が違うという場合には、電気やガスなどの公共料金の領収書や住民票の写しなど、直近のものを提出しなければなりません。
これらはカード会社のホームページに、申し込む際の必要書類という欄に記載されていますので、それをよく見て自分に当てはまるものを持っていくとよいでしょう。

 

業者によって収入証明書が必要な借入希望額が違う?!
>>収入証明の必要な借入金額一覧・安心業者比較はコチラ